睡眠

寝付きが悪い人、必見!快適に眠るための「睡眠音楽」とは

寝付きが悪い人、必見!快適に眠るための「睡眠音楽」とは
飯田ゆき

こんにちは。管理栄養士の飯田ゆき(TwitterInstagramYoutube)です

5人に1人は睡眠の質が悪いといわれる日本人。(国民健康・栄養調査より)

睡眠に影響するのは

  • ストレス
  • 就寝環境(音、湿度、明るさ、酸素量など)
  • 生活習慣

ですが、寝付きが悪いとき、ついスマホを触ったり動画を見たりしてしまいますよね。

テレビやスマホなどの「ブルーライト」を浴びる、動画や音楽でテンションが上がってしまうと、交感神経が優位になり、脳が覚醒してしまいます。

これが続くと、当然睡眠の質が下がって、寝付きの悪さや疲労感から抜け出せなくなってしまう……

そんな負のループから抜け出すのに、タダでできる! お手軽快眠方を試してみませんか?

睡眠導入剤より「音楽」を

よくヒーリング音楽がいいなどと言われますが、一番オススメなのはピンクノイズ

↑1時間じゃ足りなさそうな人は、このリンク先に5時間用、10時間用もあるのでぜひ。YouTubeなので、自動再生はOFFにしておきましょうね!

ノースウェスタン大学,2017では、脳波計を装着してピンクノイズを聞いたときの睡眠状態を記録したところ

  • ピンクノイズで眠りが深くなった
  • 翌朝の脳の働きも改善した

人は睡眠時、特に就寝後すぐの深い睡眠で「成長ホルモン」を分泌します。

これは身体の代謝をよくして、体脂肪の量をコントロールしたり、肌のターンオーバーを正常化、筋肉の、疲労の回復など、様々な働きを行います。

飯田ゆき

つまり元気な身体には欠かせないホルモン!

まとめ

  • 寝付きが悪い、疲れが取れないときはピンクノイズを
  • 眠りが深くなったタイミングで流れているのが大事

小規模ですが、記憶力が2倍になる!*って研究もあるので、まずは5時間用から試してみてはいかがでしょう?

私は寝付きが悪いとき、これにかなり助けられました。

Youtubeなので、Wi-Fi接続をお忘れなく!

それではまた。

サポートのお申し込みはこちら👉

\この記事をシェアする/
ABOUT ME
飯田 ゆき
飯田 ゆき
管理栄養士として、これまで大手企業、フリーランスとして1,000人以上を支援してきました。仕事人のためのダイエット・ボディメイク・体調管理など、健康に関する情報を発信していきます。 毎日の食事、睡眠、運動をトータルにサポートする1to1の健康コンサルや、企業に向け健康面か社員パフォーマンスの向上講演などを行なっています。 お仕事の依頼はお問い合わせください。 【保有資格】 ・管理栄養士 ・健康運動実践指導者 ・フードスペシャリスト ・フードコーディネーター 他