食事

出張続きでも疲れない食事の秘訣!東京・大阪・福岡で利用しているお店をご紹介

飯田ゆき

こんにちは。管理栄養士の飯田ゆきです

しんどくない? 出先で何食べてるの!?

先日、2泊3日で大阪 ➡︎1泊2日で東京 ➡︎ 福岡に戻ってそのまま打ち合わせをしていたら、同じく外出が多い方から質問(ツッコミ?)されました。

なので、今回は東京・大阪・福岡で身体メンテナンスに利用しているお店&コンビニ食をご紹介します。

選び方

出張が続くとき意識しているのは

●夜は誰かと外食。地方から来ているので美味しいお店に連れて行ってもらえる。
→ どこに行っても野菜不足は明白。これを補って腸内環境を整える事が最優先。
→ リクエストできる場合は肉か魚で、揚げ物メインではないお店を。
→ピザやパスタ、麺・丼類は炭水化物比率が高くなるので基本は避ける。

絶食時間を確保する(前回noteを参照

水分補給

ここで一番ネックになるのは野菜。

野菜が不足すると身体が疲れるだけじゃなく、心もネガティブになって仕事や対人関係にも影響してきます。

私は特に、人とお話しするのがお仕事なので、出張時はいつも以上に腸内環境のケアを重視して食事をしています。

野菜は1日350gと厚労省は推奨していますが、この量は現代の食生活から見ると最低ライン。出張で外食が増えればなお必要。

なので、食べれる時に出来るだけたくんさん摂りたい!そんなお悩みを解消してくれるお店を早速ご紹介します!

東京

クリスプサラダワークス 11:00 〜22:00(店舗により若干異なる)MAP
都内に8店舗あるアメリカ発のチョップドサラダ専門店。ロケーションが良く、何より美味しい。東京に行くとほぼ毎日通います。早く全国展開してほしい…!

こちらのお店の特徴は

・1食で400g以上の野菜が食べられる!
・カスタムメニューのバリエーションが最高!
・ドレッシングの種類も豊富で飽きない
・クレジットカード決済のみでキャッシュレス
アプリインストールで、お店での待ち時間をゼロにできる
(ローマ字で氏名登録、メールアドレス、PWを設定。ログイン後は支払いクレジットカードを登録。次回からは受け取るお店とメニューを選ぶだけ♪カスタムしたメニューはアプリ内に登録も可能)

シグネーチャーサラダ


野菜からドレッシングまで既に決まっているメニュー。迷ったらとりあえずこれ。

「カル・メックス」「ダウンタウン・コブ」は中でもコスパが高いそう。個人的にはタンパク質は外せないのでチキンor豆腐が入っているものをチョイスします。

カスタマイズ

サラダのベースを3種類の中から好きな組み合わせを選び、トッピングを最大4種類、ドレッシングを1種類選び、完了。基本価格は970円。

オススメは

・ほうれん草(レタスより栄養価が高い)
・スパイシーブロッコリー(野菜の王様は必須)
・トマトorキャロット(彩&緑黄色野菜)
・ロースト豆腐orボイルドエッグ(タンパク質補給)
・アーモンドorウォルナッツ(前回note参照
・追加料金でアボカドとグリルドチキン(良質な脂、タンパク質補給)

チョップドサラダは野菜がたっぷり食べられるのが嬉しい。自宅で野菜を食べると際の参考にもなります。

Mr.Farmer 11:00 〜21:00(店舗により若干異なる)MAP
都内に4店舗ある「美と健康は食事から」をコンセプトに、“畑の伝道師”渡邉明が選んだ自慢の野菜をふんだんに使ったお野菜カフェ。駅からのアクセスもよく便利です。
クリスプサラダワークスより野菜のボリュームは減りますが、その分お安く提供されています。表参道行くと大体ココ。

プロテインプレート
もちろんカスタムもOK

動物性のものを一切使わない「ヴィーガンメニュー」や、鶏肉や卵白などの良質なたんぱく質が摂れる「パワープロテインメニュー」があり、サラダ以外にもプレートや朝食メニュー、デザートなど豊富に揃っているので、会食にも便利。

大阪

GATE2 FIELDER’S CHOICE   平日8:00-21:00、土日祝​10:00-21:00 MAP
グランフロント大阪の南館1階、大阪駅から徒歩圏内の好立地!(入り口は外側にあるので1度館の外に出て交差点側に回ってください)

オリジナルサラダ

カスタマイズ 基本価格860円

オススメは

・ほうれん草と水菜(レタスより高栄養)
・ブロッコリー
・シルクスイート(さつまいも)
・エッグ
・マッシュルームorトマト
・アボカドorチキン(追加料金でどっちも入れます)

サードトッピングは価格の割に量が少なめな印象でした。ので+200円でセカンドトッピングをつける方がいいかな〜。ここはお好みで。

こちらのお店はなんとモーニングセットメニューがあって、月~金 AM8:00~10:00の間でサラダのサンドイッチが食べれます!朝利用できるのは嬉しいな〜!

店内にはカウンター席が7席。コンセントとwi-fiも完備。

名古屋

SALADA BOWL 名駅店11:00〜20:00(MAP)、 SAKAE店10:00〜21:00(MAP)、どちらも不定休

こちらもチョップドサラダのお店。スプーンで食べる、ボリューム満点こだわりサラダで栄養チャージ!大阪にもお店があったんですが、今はなくなった様子。

メニュー

こちらもドレッシングの種類が豊富で、通っても飽きずに食べられます。

福岡

Mr.&Mrs. Green   11:00~23:30(ソラリアプラザに準ずる) MAP
“カラダが喜ぶヘルシーな新鮮野菜”をテーマに九州各地から上質でおいしいものを集め、「野菜が主役で、お肉は脇役」という新感覚のサラダを提供!50℃洗いで味と食感が増したお野菜が食べられる素敵なお店。場所も天神のど真ん中で便利!

ランチメニュー(ディナータイムも同メニュー利用可、スーズンごとに随時変更されます)

低温調理ローストポークサラダ
ごちそうサラダ
飯田ゆき

割り箸ちっさ!

お皿が大きいので錯覚してしまいますが、相当な量の野菜が盛られてきます。スープとフォカッチャとデザートいらないから、あと200円安くならないかな〜!笑

タンパク質の量まで見ると、チキンかポークが一番おすすめです。
夜に会食があるよ〜って場合は、アーシーネイチャーサラダにアボカドと温泉卵のトッピングで調整します。

ドレッシングは9種から選べるので、通っても飽きないのがいいですね。

Uber Eats対応、テイクアウト可なのも嬉しいポイント。

福岡にもチョップ度サラダのお店は度々できているのですが…立地か経営手腕か、1年くらいで閉店してしまうのが難点。いいところ見つけたら追記しますね。

おまけ「コンビニ編」

出張時にコンビニを利用する時は

【野菜】
野菜スープもしくはサラダ(マヨネーズ・マカロニ系は除く)

【タンパク質】
サラダチキン、ゆで卵、セブンブレミアムの魚系、SAVASプロテイン

を選ぶようにしています。
前提条件として、誰かと外食に行くことを踏まえ、食物繊維とタンパク質の確保を優先していす。

SAVASのミルクプロテインはコンビニで手に入りやすいのでバランス調整に使いやすいです。200mlでタンパク質が15gも摂れるのもうれしい。

同じくボトルシリーズは摂れるタンパク質量が同じで価格が高い。STAYL BODYシリーズはタンパク質量が少ない。

ビタミンやミネラルを追加している商品ですが、サプリ含め人工的に付加した栄養素は体に吸収されにくかったり、逆に体に悪いケースもあります。

とはいえ全て既製品。
人工甘味料が入っていますし、お肉やお魚といった食事から摂るのが一番ですね。

コンビニ野菜ならローソンのこちらや

ファミマのこちら

これらは栄養価の観点からみると優秀かなと。

ただやはりコンビニだと量が取れないのが難点。2パックくらい買わないと追いつけないので、キャベツの千切りサラダとか、量重視で買うことが多いです。

セブンイレブンのチョップドサラダや

コンビニの1/2日分の野菜シリーズは便利ですね。

あと、すっごい裏技的な話をすると

こちらは食物繊維が補える栄養補助食品。水に溶かして飲むことで、効率的に食物繊維を摂取できます。

長期出張になると持って行ったりするんですが…形状が粉末なので、ペットボトルに白い粉を入れてる怪しい人に見られます。混ぜるときは人目のないところで。笑

「これで食物繊維取れるなら、野菜いらなくない?」って声が出てきそうですが…野菜、つまり固形で食べることで咀嚼からの満腹感、胃腸を動かすことで消化吸収機能の維持、野菜から摂れるビタミンミネラルの補給などなど、身体機能を保つにはサプリメントだけではダメであることは覚えておきましょう。

まとめ

ということで今回は、身体メンテナンスの為に野菜をたくさん食べれるお店を紹介しました。

外食のイイところは、味付けや食材の組み合わせなど「自宅で食べる時のお手本にできる」ところだと思います。

お店のメニューを参考に、自宅でも意識して野菜を摂るようにしましょう。上手な食べ方については、また次回ご紹介しますね。

それではまた。

\この記事をシェアする/
ABOUT ME
飯田 ゆき
管理栄養士として、これまで大手企業、フリーランスとして1,000人以上を支援してきました。仕事人のためのダイエット・ボディメイク・体調管理など、健康に関する情報を発信していきます。 毎日の食事、睡眠、運動をトータルにサポートする1to1の健康コンサルや、企業に向け健康面か社員パフォーマンスの向上講演などを行なっています。 お仕事の依頼はお問い合わせください。 【保有資格】 ・管理栄養士 ・健康運動実践指導者 ・フードスペシャリスト ・フードコーディネーター 他