食事

チキンカレーの盛り付けから考える、栄養と「おうちごはん」の魅力

チキンカレーの盛り付けから考える、栄養とおうちご飯の魅力
飯田ゆき

こんにちは。管理栄養士の飯田ゆき(TwitterInstagramYoutube)です

ここ数日

このレシピ、おすすめだよ!

部屋がカレーの香りでいっぱい!(美味しかった😋)

って飯テロされて、気付いたらカレーを作ってました。

ついでにアップもどーん!

飯田ゆき

はぁー!
久々のカレー! 美味しかった!!

はい。これであなたもカレーが食べたくなりましたね!

けど、こういう写真を載せると

管理栄養士だから、できるんでしょ

うちのカレーじゃ、こんな風にならないよ……

こんな風に「料理ハードル」が上がっちゃう人も……これってちょっともったいない!

コロナの影響で、おうちご飯が増えたという人も多いはず。

悲しいニュースやお出かけのキャンセルなどで、気持ちが滅入ってしまっても「見た目も味も美味しいご飯」があれば、元気に過ごせると思います!

なので今日は

  • おうちご飯を手軽に楽しむための方法
  • 盛り付けで栄養を整えるコツ

について、簡単にお話ししますね。

おうちご飯をもっと楽しく!カレーの盛り付けのコツ

これ、すごく手が込んでいる様に見えるかもしれませんね。

けど実はそんなことはなく。

レトルトでも焼いた鶏肉と野菜を添えるだけで、簡単に再現出来るんですよ。

準備するのは

  • パウチのカレー
  • 鶏もも肉(今回はチキンカレーなので)
  • パプリカ
  • ズッキーニ
  • 菜の花

  1. 深鍋にお湯を沸かす
  2. 菜の花は洗って、鍋で30〜60秒茹でる
  3. 火を止め、菜の花を取り出し、冷水で色止めする
  4. パウチのカレーを鍋のお湯につけて温める
  5. ズッキーニとパプリカをカット
  6. 鶏肉も好きな大きさにカットして、塩コショウを振る
  7. フライパンで鶏肉と野菜を焼く
  8. ご飯 → 鶏肉 → カレー → 野菜の順で盛る

今回は季節感を出すのに、菜の花やズッキーニといった春夏野菜を使いましたが、

  • 緑:冷凍ブロッコリー、冷凍ほうれん草
  • 黄:カボチャ、さつまいも、茹で卵
  • 赤:人参、トマト、紫キャベツ

などで代用できます。

飯田ゆき

緑黄色野菜のおかげで、茶色いご飯が一気に華やかになりますよ!

盛り付けで食べすぎを防ぐ

カレーに限らず丼ものや麺類は、どんなに具沢山でも「炭水化物7割、おかず3割」くらいになるんですね。

こういうのを食べ慣れていると、必然、他の食事でも「炭水化物多め、野菜とタンパク質が少なめ」の食事に変わっていきます。

逆にいうと、足りない分を補ってあげれば「ご飯の食べ過ぎ」や「野菜不足」を防げるんですね。

そこで活躍するのが盛り付けです!

左はお肉を焼いただけ、右は魚を焼いただけです。

そこに「それっぽい」盛り付けをするだけで、茶色いおかずがめちゃくちゃ美味しそうに見えるでしょ?

さっきも書いたとおり、「緑、黄色、赤」を入れればなんとかなります!

さらに、これらの色を使おうと思えば、自然と「緑黄色野菜」を食べることになるんです。

こうやって、いつもよりちょっと丁寧に料理をお皿に盛るだけで、「おうちごはん」の質はグッと上がるし、実は栄養も整うんです。

これも同じですね。全部コンビニ惣菜でも再現できますよ。

紹介したカレーも、タンパク質と野菜を増やしたおかげで

  • ボリュームが増し糖質を摂り過ぎも防止できる
  • タンパク質のおかげで満腹感が持続し、間食も減る
  • 栄養のバランスが整い、カラダの調子も良くなる

さらに、視覚効果で気分も上がると思うんです。

例えば同じ白米でも

  • プラスチック容器にギュッとに入ったご飯
  • 黒のお茶碗にフワッと盛られたご飯

なら、お茶碗のごはんの方が、きっと美味しく感じると思いませんか?

見た目ひとつで、生活の満足度が変わりますよね。

まとめ

  • 「盛り付け」でおうちご飯をもっと美味しく!
  • 「切っても中まで色が濃い野菜」で栄養補給
  • 「タンパク質」を増やしてレトルトも満腹食に

おうちごはんって、「自分が楽しく、気持ちよく」過ごすセルフケアのひとつだと思うんです。

皆さんのおこもり時間が、食事で少しでも快適になると嬉しいです。

それではまた。

サポートのお申し込みはこちら👉

\この記事をシェアする/
ABOUT ME
飯田 ゆき
管理栄養士として、これまで大手企業、フリーランスとして1,000人以上を支援してきました。仕事人のためのダイエット・ボディメイク・体調管理など、健康に関する情報を発信していきます。 毎日の食事、睡眠、運動をトータルにサポートする1to1の健康コンサルや、企業に向け健康面か社員パフォーマンスの向上講演などを行なっています。 お仕事の依頼はお問い合わせください。 【保有資格】 ・管理栄養士 ・健康運動実践指導者 ・フードスペシャリスト ・フードコーディネーター 他