ストレスケア

まだ間に合う!休み明けも満足度と集中力をUPさせる休日の使い方とは?

飯田ゆき

こんにちは。管理栄養士の飯田ゆきです

連休もそろそろ終わりですが、休日明けのあなたはどっちのタイプですか?

休みが終わってしまった…… はぁ_:(´ཀ`」 ∠):

楽しい休日だったー!今日からまた頑張るぞー!!

多分、どっちも体験したことがあるのでは?

じゃぁ、この違いってなんでしょう? どういう時なら休日明けも元気ハツラツ!でしたか?

……

………

分かりましたか?

このモチベーションの違いって、休暇の使い方で違うことが分かっています。そこで今回は

  • 休日の満足度(幸福度)を長続きさせる
  • 心身の疲労(ストレス)を軽減させる

方法をご紹介します。

このコツさえ掴めれば、連休明けも怖くない!

休み明けに元気な人、やる気がでない人

プランニング

休日って疲れを取る為ゆっくりしたり、遊びに出かけたり、やっぱり嬉しいもんですよね。

この「嬉しい気持ち」いわゆる「幸福度」って、どれくらい続くか知ってますか?例えば年末年始だとカウントダウンや初詣に参加したり、旅行に出かけたり。

こういったイベントに参加した場合でも

呼ばれたから、とりあえず参加した

友人に声をかけて、着ていく服を考えて、午前中はお茶しに行って…

このように、過ごし方が違うと「休日の幸福度」の持続期間は

  • なんとなく過ごす(受動的)➡︎2〜3週間
  • 計画立てて過ごす(能動的)➡︎11週間

最大で約8週間の差がでるんです。

注意点

とはいえ、休日に毎回「計画立てなきゃ!」って思うと、逆に疲れますよね。笑

YouTubeをなんとなく流し見したり、その時の気分で寝たり起きたりご飯を食べたり…こんな過ごし方をしなければOKってだけです。

ゆっくりしたかったら「見逃してたあの映画をレンタルして、昼はUberEatsであの店のご飯を頼もう。夕方から岩盤浴に出かけて…」くらいは考えて見るのが良さそうですね。

「計画」は詳細に立てるほど、幸福期間は持続します。

けど、細かすぎる計画は窮屈!って人は、緩めの計画にしておきましょう。計画も「立てた通りに動けない」ほど融通が効かないものだと、破綻して成り行き任せになりますからね。

あくまで、「自分が望んで選んだ休日を過ごしている」というコントロール間が大事です。

仕事でも、やらされる仕事より、自分が裁量権を持ってやりたい仕事をしている方が楽しいですよね。休日でも「自分の意思で行動する」ことが、ストレスコントロールと幸福感の鍵になります。

計画立てるのって苦手…でも大丈夫

計画が苦手な人も、大雑把なプランに加え「新しい事」にチャレンジをしてみましょう!

  • 最近できたカフェに行ってみる
  • まだ読んでない本を読んでみる
  • 気になってたショップを覗いてみる
  • 新しいレシピの料理を作る
  • 使った事ない道を通ってみる

例えば、私が以前バンコクに初めて旅行した時の話。旅好きの友達が飛行機の時間やホテル、マッサージやカフェまでほとんど決めてもらいました。ここまでは全部受け身ですよね。

いつもは計画を立てる側だったので、この時はネットも旅行雑誌も本当に何も見ず、友人のプランに任せて旅をすることにしました。すると……

行ってびっくり!
知らない街並み、乗り物、人、言葉、味……

「あ、写真で見たことあるヤツ〜」
が、一切なかったので、見るもの聞くもの全てが新鮮で感動しました。

もちろん現地では、あれ食べたい、これ乗りたい、ここ寄りたい。とプランを自分でも立てて過ごしました。ここが最初に話した能動的な「計画」にあたります。

綿密な計画ではありませんでしたが、新鮮な体験が詰め込まれていた分、非常に満足度の高い旅ができました。これは経験則ですが、新鮮な体験は、計画通りにことが進む以上に休日をより良いものにしてくれそうです。

  • 思った通りの、1日が過ごせた(コントロール感)
  • 思いがけない発見や経験、新しい学びがあった(チャレンジ)

両方満たせると、休日が終わってもモチベーションを下げることなく過ごせます。

具体的に何を計画するか?

計画は「できるだけ具体的に」「新しい体験を盛り込む」のが良いと書きました。

けど、お酒やギャンブル、1日引きこもってゲーム三昧では、身体に負担がかかりますよね。「具体的に何をしたらストレスや疲労感を上手に減らすことができるの?」ってこともちゃんと分かっています。

連休終わりで「何して過ごそうかな?」と考えている方は、どれか1つプランに入れてみてはどうでしょう?

科学が認めるストレス軽減に有効な活動6選

  • 運動 ➡︎ 散歩だけでもストレスは30%解消され、ストレス耐性UP、脳の機能(集中力や記憶力など)UPなどの効果も。街路樹などでいいので、自然に触れられるところがオススメ
  • 読書 ➡︎ ストレスが最大68%も減少* 料理本や雑誌、小説、画集、なんでもOKだそう(料理本とか見るとワクワクしちゃいますねぇ……笑)
  • 家族や友達、恋人と過ごす ➡︎ 健康食で有名な地中海食のガイドラインも、土台部分を「誰かと楽しく食事をする」としているくらい、人との関わりはストレス対策や心の安定には非常に大事。もちろん、食事でなくてもOK。
  • マッサージ ➡︎ ストレスホルモンを減らす効果がある。人との触れ合いは免疫力を高めるので、病気の予防にも効果があります。お店に行くもよし、家族とお互いにマッサージし合うのもよし。ラベンダーなどリラックスする香りの効果もつかってみては?
  • 瞑想 ➡︎ 種類が豊富なので好きなものを。目を瞑って、吐く息を長くする呼吸をするだけでも副交感神経が優位になってリラックスできます。アプリを使ってみるのもオススメ(メントレアプリ)プレイリスト
  • リラックスできる音楽 ➡︎ こちらもストレスホルモンを下げてくれるそう。無難にクラシックとかどうでしょう?(ヒーリング曲

とはいえ、興味ないのもあれなので好きなアーティストでプレイリスト作ってもいいですね。寝る前なら低周波音を聞くと睡眠の質が上がりますよ(ピンクノイズ)アニメファンなら「のだめカンタービレ」の収録曲とかどうでしょう?(Youtube

まとめ

◆休日の楽しい気持ちを長続きさせるには*

  • 具体的で実行可能な計画を立てる
  • 新しいことにチャレジする

◆疲れやストレスを減らすコツは*

  • 1日20分の散歩や筋トレ
  • 1日30分、静かなところで読書
  • 親しい人と過ごす
  • マッサージ
  • 瞑想
  • ゆったりとした音楽を聞く

せっかくのお休みです。心も身体もより良い状態に整える過ごし方ができるといいですね。

あなたの新しいチャレンジや素敵な体験を、是非私にも教えてください。

それではまた。

\この記事をシェアする/
ABOUT ME
飯田 ゆき
飯田 ゆき
管理栄養士として、これまで大手企業、フリーランスとして1,000人以上を支援してきました。仕事人のためのダイエット・ボディメイク・体調管理など、健康に関する情報を発信していきます。 毎日の食事、睡眠、運動をトータルにサポートする1to1の健康コンサルや、企業に向け健康面か社員パフォーマンスの向上講演などを行なっています。 お仕事の依頼はお問い合わせください。 【保有資格】 ・管理栄養士 ・健康運動実践指導者 ・フードスペシャリスト ・フードコーディネーター 他